Usyukuro sound station blog
Usyukuro sound station(http://usyukurosou.blog.shinobi.jp/) we had live365 station. But we got finansial probrem. so we open this sounder.
Allegorik Symptom Before the Cataclysm review



Track 04 - Artist: Ovdk and Seetyca (bryant,Gwiazda,etc.)


this song written inspired by levi r bryant,H.Gwiazda,etc...




Artist: Ovdk and Seetyca
Title: Allegorik Symptom Before the Cataclysm
Netlabel: Dark Winter
License: CC BY-NC-SA
Release: March 2015

review:link

Years ago in ambient music, before the onslaught of dark ambient and drone, there was a niche genre called ambient noise, pleasing music that was a bit off, a bit dirty. I believe C. Reider calls this type of music quiet noise. Whatever you call this musical sub-genre, I know two things: the sonic spectrum is quite broad even in this electronic nook and we probably could not agree on an exact definition of ambient noise.

Ovdk and Seetyca’s latest work, Allegorik Symptom Before the Cataclysm on Dark Winter, uses melodic ambient drones mixed with a series noises, natural or otherwise, to produce an album that gives the listener the comfort of ambient music with contention of subtle noises.







スポンサーサイト
フルビネクは虚無であり、死の子供、子供だった。
フルビネクは虚無であり、死の子供、子供だった。外見は三歳くらいだったが、誰も彼のことは知らず、彼はといえば、口がきけず、名前もなかった。フルビネクという奇妙な名前は私たちの間の呼び名で、おそらく女たちの一人が、時々発している意味不明のつぶやきをそのように聞き取ったのだろう。彼は腰から下が麻痺しており、足が萎縮していて、小枝のように細かった。しかしやせこけた、顎のとがった顔の中に埋め込まれた目は、恐ろしいほど鋭い光を放ち、その中には、希求や主張が生き生きと息づいていた。その目は口がきけないという牢獄を打ち破り、意志を解き放ちたいという欲求をほとばしらせていた。誰もが教えてくれなかったので話すことができない言葉、その言葉への渇望が、爆発しそうな切実さで目の中にあふれていた。その視線は動物的であるのと同時に人間的で、むしろ成熟していて、思慮を感じさせた。私たちのだれ一人としてその視線を受け止められるものはいなかった。それほどの力と苦痛に満ちていたのだ。
だがヘネクは例外だった。彼は知覚の寝台にいたハンガリー人の少年で、十五歳だったが、たくましく、生気にあふれていた。ヘネクはフルビネクの寝台のかたわらで一日の半分を過ごした。彼は父親というよりも、母親らしかった。もし私たちのこの不安定な共同生活が一月以上続いていたら、たぶんフルビネクはヘネクから話すことを学んでいたと思う。(後略)
だがヘネクは小さなスフィンクス*2の脇に、物静かに、頑固に座り続けた。彼が発する悲しい力をヘネクは感じなかった。食べ物を運び、毛布を直し、いやな顔一つせずに、手際よく体をきれいにした。そしてもちろんハンガリー語で、ゆっくりと、辛抱強く語りかけた。一週間後、ヘネクはうぬぼれひとかけらも見せずに、重々しく告げた。フルビネクが「言葉を一言しゃべった」と。どんな言葉? よく分からない、難しい言葉だ、ハンガリー語ではない。「マッスクロ」とか「マスティクロ」とか言った。夜、私たちは耳を澄ませた。本当だった。フルビネクのいる方から時々音が、言葉が聞こえた。実際には、いつも性格に同じ言葉ではなかったが、確かに意図して発音された言葉だった。正確に言うと、少しずつ違う風に発音されている言葉で、ある主題、ある語幹、おそらくある名前を、色々と試しながら発音しているようだった。
フルビネクは命のある限り、その実験をかたくなに続けた。翌日から、私たち全員で、何とか聞き取ろうと、じっと耳を澄ませた。私たちの間には、ヨーロッパのあらゆる言葉をしゃべる代表がそろっていたのだが、フルビネクの言葉は分からなかった。いや、それはもちろん通報や啓示ではなかった。おそらく彼の名前だったのだろう。もしたまたま名前がつけられていたらの話なのだが。あるいは(これが私たちの仮説だったのだが)、「食べる」、もしくは「パン」を意味したのかもしれない。またボヘミア語の「肉」だったのかもしれない。これはその言葉を知るものが熱心に主張した説だった。
フルビネクは三歳で、おそらくアウシュヴィッツで生まれ、木を見たことがなかった。彼は息を引き取るまで、人間の世界への入場を果たそうと、大人のように戦った。彼は野蛮な力によってそこから放逐されていたのだ。フルビネクには名前はなかったが、その細い腕にはやはりアウシュヴィッツの入れ墨が刻印されていた。フルビネクは一九四五年三月初旬に死んだ。彼は解放されたが、救済はされなかった。彼に関しては何も残っていない。彼の存在を証言するのは私のこの文章だけである。