Usyukuro sound station blog
Usyukuro sound station(http://usyukurosou.blog.shinobi.jp/) we had live365 station. But we got finansial probrem. so we open this sounder.
スチャンフェネス

たしか2002年の事だったと思う。
衝撃的でエポックな音であった。
ジル・ドゥルーズの潜在性における
音のアレゴリーが、クリスチャンフェネスの最も重要な仕事のうちの一つであろう。
またシュトックハウゼンの全ての音の出会い(楽音とそれを補うものとしての電子音との出会いのセリー)を先鋭化させ、複雑系(オートポイエーシス)、要するに"特異点"
を召喚しようという試みでもあろう。
また作者の問題にも返答しているように
おもえた。音楽を作製しているという
よりは音の位相世界に没入(ジャックイン)しているという感覚のほうが近いのでは
ないかとおもった記憶がある。
遠めに見る何かのツマミを回している
姿はまるで音の深海で潜水艦を操作
しているようだった。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック